同性婚反対の理由・・・?

同性婚反対の理由・・・?


渋谷区で「同性カップル証明書」が発行されるというニュースを知っている人も多いと思うけど、同性婚に反対の人もかなり多いのよ。でもね、理由がものすごくお粗末。





Yahoo!ニュースで「同性カップル証明書」についての意識調査が行われたんだけど、「歓迎する」という賛成が55.4%で、「歓迎できない」という反対が44.6%
という結果になったのね。


2015年2月20日の時点で10万4千票。

なぜ同性婚を反対するのか、その理由


ここで同性婚に反対する人たちの意見や理由をいくつか紹介するわ。

  • 家族制度崩壊
  • 少子化への影響を懸念する
  • 人間の生物としての存続を否定する



さて、これらの理由について、反対している方たちは全く見当違いのことを心配してるってことに気づいていないみたい。

家族制度の崩壊について

「家族制度が崩壊する」という反対理由に対して・・・


家族制度の崩壊って言うけれど、一昔前に比べて今の家族制度は激変しているわ。


まず核家族が増えて家族三代で過ごす家はメチャクチャ少なくなった。つまり家族の「在り方」は確実に変わっているの。


離婚総数
離婚する夫婦もものすごく増えているわ。グラフを見ても一目瞭然。ちなみにこのグラフ、政府機関が行った統計に基づいたグラフよ。


近年は、離婚の人数が減っているけれども、これは日本の人口が減少しているから。そして初婚の年齢も男女ともに高齢化している。
初婚女性年齢


初婚男性年齢

少子化への影響を懸念するについて


「少子化への影響を懸念する」という反対理由に対して・・・


知っている人も多いと思うけど、女性の場合35歳を超えると妊娠する確率が減少していくわ。それに生まれてくる子供の遺伝子異常の割合も高くなる。


男性の場合40歳を超えるとリスクが高まるのよ。


これはどちらの場合も「細胞の老化」が原因。卵子や精子が老化することで妊娠しにくくなるし、生まれてくる子供への遺伝子異常も高くなっていくわ。


少子化の影響や原因は同性愛者にあらず晩婚化や結婚を望まない人が増えたせいよ。


ちなみにわかっているとは思うけど、結婚しない人が全員同性愛者ってわけじゃないからね。

人間の生物としての存続を否定する について


「人間の生物としての存続を否定する」という反対理由に対して・・・。この反対理由が一番「見えてない」って私は思ったわ。


まず前知識として。


同性に好意を持つというのは、何も人間に限ったことじゃないの。

サル、ライオン、サイ、ハムスター、犬、猫、ペンギン、キリン、ワラビー、カンガルー、狐、ジュゴン、象、牛、イルカ、水牛、虎、鹿、くじら、ペンギン、かもめ、ダチョウ、鳩、雀、亀・・・



う~ん、書ききれないわ。だって、約1,500ほどの種に同性愛行動が見られることがわかっているから。


このうち500種に関しては、完全に根拠となるデータが残されているの。


「動物同士の同性愛行動なんてどうせじゃれあう程度でしょ!」って考える人も多けど、ちゃんとした『同性愛行動』をしている動物がほとんど。


このことを知らない人が本当に多い。人間の同性愛行動が「異常だ!」って考えている人が多いんだけど、同性愛行為は生物の中には自然に存在しているのよ。


これを踏まえてハッキリと言わせてもらうわね。


「知らないのはアナタの方よ」



まぁ知らなかったんだからしょうがないとは思うけどね。でももう知っちゃったんだから。動物の同性愛行動について、あとは自分で調べてちょうだい。アタシが言うよりも自分で調べたほうが理解が進むでしょ?


それともう一つ。日本でのLGBTの割合は約5%と言われている。そして残り95%の人は恋愛対象が『異性』。簡単な算数よね?


5%の人間が「人間の生物としての存続を否定する」ことにはなるのかしら?だったらアタシ達同性愛者って相当すごい力を持っているのね~。


人間の存続を左右する力を持っているんだから
∩(´・ω・`)つ―*’“*:.。. .。.:*・゜゚・*

そもそも同性愛者は異性と結婚しない


論拠なき理由で同性婚を反対する人たちは、ちょっと考えて欲しいの。異性愛者に「同性と結婚しなさい!」って言って、「はいわかりました。」て納得すると思う?


ほとんどの人がこう言うと思うわ。「同性となんて結婚できないよ!」ってね。


でもね同性愛者からすると、この言葉をそっくりそのまま引っくり返したことが言えるの。「異性となんて結婚できないよ!」。


そもそもなんだけど、同性愛者は異性に興味はないの。だからこれまでも、そしてこれからも興味の対象外である『異性』と結婚することもない。だから異性との間に子供は作らない


つまり、少子化うんぬんに最初から関係しないのよ


政府の調査する家庭の少子化調査の内容に、アタシたち同性愛者は始めっからカウントされていないの。蚊帳の外にいるのよ。だって少子化調査の対象の多くは結婚している家庭が前提なんだもの。


このことからもわかると思うけど、「同性婚が認められたら少子化が加速する」ってのは根本から間違ってる理論なの。こんなものが反対理由にはなり得ないの。



アタシ達同性愛者のほとんどは、はるか昔から子供は作らないんだから、同性婚が認められたからって少子化が進むわけではないの。


愛するパートナーとの間に子供は欲しいから、代理出産とかがあればいいなとは思うけど。まぁこの話になると更に議論が複雑化するからここではやめとくわ。


ただこのことで言えることは、同性婚の人たちが子供を持ちたいという考えが少子化を止める一助になることはあっても、少子化を加速させることにはならないってこと


同性婚=少子化加速が間違いだってわかってもらえたと思う。

少子化割合は増加 でも実際数は変わらない


同性婚が認められた場合、結婚者数を分母として子供の居る家族を割り出したら確かに少子化が進んだように見えるだろうけど、同性婚者数を除いて計算したら、これまでの傾向と変わりない割合になるのは間違いない。


同性婚が少子化を加速させるっていうことは絶対にない。そして同性婚が「人間の生物としての存続を否定する」ってことを理由にすること自体も、ズレている。


同性婚を認めたからって日本国民の全員が同性と結婚するわけじゃないわ。だいたい同性に興味がない人が同性と結婚なんてしないでしょ。


あたしたち同性愛者も異性愛者も今までと何ら変わらない。同性婚が認められたからといって、「人間の生物としての存続」に影響を与えることは絶対にない。今までと同様に

自分が嫌なことを他人にするな


それでも「同性愛者も異性と結婚して子供を産むべきだ!」って言いたいなら、あたしがこれから言う言葉を思い出してね。


『アナタは同性と結婚しないといけない。同性と性交渉を持たないといけない』って言われたら、アナタできる?絶対に無理でしょ?


自分に無理なことを人に強要するのは良くないって、小さい頃に習ったわよね(*^ω^*)


「そんなことまで言ってないだろ!」って声が聞こえてきそうだけど・・・

  • 家族制度崩壊
  • 少子化への影響を懸念する
  • 人間の生物としての存続を否定する

っていう反対理由の、根本にある概念はそういうことに通じるのよ。


スポンサードリンク

同性婚反対の理由がお粗末すぎない?


「家族制度が崩れる」と心配する声もあるけど、じゃあ崩れたら何が変わるの?今だって家族制度の実態は以前と異なっている。家族の「在り方」は違ってきている。


これは『変化』というものだけど、見方を変えればこれを「家族制度の崩壊」と見ることもできるわ。ただし比較対象は『一昔前の家族』。それと比べたら崩壊とも言えるわね。


でも通常、これは家族のあり方の変化と呼ぶ。


そして同性婚も同じ。『家族の在り方の変化』の一つなのよ。


ただこれまでの『家族の在り方の変化』と違うことは、同性婚が認められたとしても、相続、遺産、保険、共有、分配などについて異性同士の結婚と何も変わらないということ。


異性愛者同士の結婚でも子供を作らない選択をする人たちは多い。そういう人たちの選択はOKで、同性愛者同士の結婚は「子供ができないから結婚すらNG」ってのは、なんとも頭の悪い反対理由よね~。


さて、改めて聞くわ。


反対する人は、家族制度が変化することでなぜ不都合が出てくるのか、キチンと理由を示してほしい。

安部総理の発言も・・・

国会議事堂
安倍総理も同性婚について「同性婚を認めるために憲法改正を検討すべきか否かは、我が国の家庭のあり方の根幹に関わる問題で、極めて慎重な検討を要する」みたいなことを言ってたわね。


この発言は、日本を元気にする会の松田公太氏が「同性婚を認めるには憲法24条の『婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する』との規定が問題となるか」という質問に答えた時の内容。


まず最初に・・・

安倍総理の答えは、松田公太氏の直接的な答えになってないって思う。



そして次に・・・

「どういった不都合が出るのか」についてはまったく説明をしていない。



それだけじゃなくて、安倍総理のこの発言は同性愛者の存在を否定している感じに聞こえるのよね。


少なくても、「同性婚を認めるために憲法改正を検討すべきか否か」の時点で、同性愛者の婚姻の権利を否定する可能性を示唆している


それに「極めて慎重な検討」は、「同性愛者の存在が国に合わない」と言外に言っているのとあまり変わらない



同性婚を否定的に見るのなら、その理由を説明してほしいわ。まぁ安倍総理はこの分野に関しての知識がまだまだ乏しいんでしょうけどね。


それほど深く考えずに原稿に書かれている内容をそのまま読み上げたんだろうけど、同性愛者の気持ちを蔑ろにしたってこと、安倍総理は気づいてもいないんでしょうねぇ。


大きな悪意もなく放った発言だから仕方ないとは思うけど、この首相の発言の揚げ足をとって反対した野党の国会議員が一人もいなかったのも印象に残ってるわ。



『人権を否定する発言だ!』とか、どっかの野党が言うかと思ってた。日本の野党ってなんでも反対するってイメージがあるから(笑)。


まぁ党の利益のためにアタシたちをダシに使ってほしくないから、そんなのはどうでもいいんだけど、それくらい日本政府は同性愛者に対する権利の意識が低いんだなって感じたわ。


そしてアタシは首相のこの発言を聞いて「首相を動かすぐらいにアタシたちも頑張らないといけないわ」って改めて思った。

同性愛者の理解


同性愛者について理解がない人がいるのは承知しているわ。


「オレ(私)、生理的に同性愛者が嫌いなんだよね」ってのが理由なら別にいいのよ。本人の気持ちだし、それをこちらが無理矢理変えようとするのは人としてやっちゃいけないことだから。


でもね、今回のように変な理由を付けて同性愛者の権利や存在を歪めようとする人たちは別


アタシ達同性愛者が同性婚をしたからといって少子化を進むわけはないし、同性婚が認められることで家族制度の『変化』が『崩壊』と呼び替えられるのも間違ってる。


ましてや人間の生物としての存続になんてアタシたちはそもそも関わってない。


昭和
昔は無理矢理結婚させられてた時代もあった。


昭和の時代までは、『日本社会の雰囲気』や『人の常識』という当時の決め付け感がアタシたち同性愛者に結婚を強いていたけど、個人の意志に反して無理に強制する行為は今の日本でやってはいけないこと。


同性婚反対の理由に「国家や人類の繁栄・存続」を大義名分を掲げる人が多いんだけど、人類の繁栄や存続を掲げるってことは、アタシたち同性愛者を異性と無理矢理結婚させて子供を作らせるってことだからね


無理矢理じゃなくても無言の圧力で強いることもある。一昔前がそうだったように。


その考え方や環境がどれだけ恐ろしいか。


自分がされたらどう?もう一度深く考えてみて。


同性婚反対の意見はあっていいとは思うけど、反対理由の一部があまりにも非人道的だってことを理解している人はどれだけいるのかしら。


それだけ日本社会に同性愛者の権利が理解されていないってことなんだろうけど。

まとめ


でも同性婚に賛成する人が5万8千人もいたことは素直に嬉しく思う。


日本ではLGBTについての権利が教育されることはほとんどなかった環境だったのに、これだけ多くの人が賛成してくれたことにちょっと驚いている。


それだけ日本は他人を思いやる人が多い国なんだなって改めて感じたわ。心から感謝の言葉を言いたい。


本当にありがとう。


тнайк чoμ_〆(・ω・* )



・・・なんか変なフラグが立つような締めになっちゃったけど、アタシ死なないから。


これからもボチボチ更新していくわよ!


よろしくね♪(o・ω・o)


スポンサードリンク

“同性婚反対の理由・・・?” への1件のフィードバック

  1. 安倍美 より:

    ねえさん、その通りなのよ!
    とても面白かったわ!!!

    最近更新されていらっしゃらないようだけど、お体大丈夫かしら?

安倍美 にコメントする

このページの先頭へ