イスラミックステートの意味は?

イスラミックステートはNHK が始めたイスラム国の呼び方。

今まで日本ではイスラム過激派組織集団ISIL(アイシル)のことをカギ括弧をつけて「イスラム国」って呼んでたのよ。テレビのニュースでもテロップにはカギ括弧付きで「イスラム国」って書かれてたでしょ?

日本メディアの言い分が笑える


日本のメディアは、カギ括弧を付けることで「イスラム国は『国』ではないですよ~」ということを明確に区別しています♪って言っているんだけど、耳から入っている言葉ではカギ括弧がついていようがついてなかろうが、イスラム国はイスラム国としてしか聞こえない。


で、そう聞かされ続けてると視聴者は「イスラム教は悪い宗教だな」ということが、無意識に心のなかに定着してしまうの。


メディアの主張を聞いた時は思わず「なんなのよ、そのバカバカしい言い訳は!」ってつい口走っちゃったわ。

イスラミックステートの意味


こういったことを防ぐためにNHKはイスラミックステートという名称を使うようにしたのよ。イスラミックステートという名称で話されたら、すぐに「イスラム教」には直結しないでしょ?


ただね~、イスラミックステートという名前は実は「イスラム国」という意味になるのよね~。ここがちょっと気になるところだわ。


イスラミックステートは英語で書くと「Islamic State」。「Islamic State」は日本語に直すとイスラム国。全く一緒の意味なのよ。

日本政府はなんて呼んでるの?

日本の国会議事堂
日本政府は ISIL(アイシル)という名称を使っているんだから、NHKもイスラミックステートじゃなくってISIL(アイシル)の名称を使うべきだと私は思ったわ。統一したほうが日本人も馴染みやすいから。


まぁ英語の読み方をカタカナでイスラミックステートと表記にしたの、日本ならではだと思うけど、統一性という意味では日本政府とあわせるべきだと思う。

世界ではイスラミックステートと呼ぶのか?

ISIL
世界では、ISILは過激派のテロリスト集団であり、彼らの支配地域を国とは認めていないのよ。


だからジャーナリストや各国政府は過激派組織ISIL(アイシル)や、過激派組織ISIS(アイシス)、ダーイッシュなどと呼んでいて、イスラム国やIslamic State(イスラミックステイト)と呼ぶ国はかなり少ない。


ISIL(アイシル)は過激派組織であって本来のイスラム教の教義からはかなり逸脱した集団なのよね。


でもイスラム国という名称で呼ぶとすべてのイスラム教徒を含んだニュアンスが出てくる。

イスラム国の表記は過激派組織が考えたもの


それにそもそもイスラム国という名前は過激派組織 ISIL側が勝手に名乗っている名前。「自分たちがイスラム教の国を作ったぞ。」ということを世界に知らしめたいがために命名した名前なの。


過激派組織側が作った名前を、しかも善良なイスラム教徒が全く関係していないのに「イスラム国」として報道するのはいかがなものかと言うことで、各国政府やメディアは別の名称を使うようにしているのよ。


にも関わらず、日本のメディアは相変わらず「イスラム国」という、過激派組織側が喜ぶ名称で放送しているの。


前述したけど、カギ括弧をつけようがつけまいが耳から聞こえる名称はイスラム国に違いないわ。

日本のいるイスラム教が差別され始めている


日本にいる純粋なイスラム教の方々が心ない言葉で差別され始めているけど、この責任の一端を担ってるのは日本のメディアでもあるといえる。


イスラム国なんていう名前で放送したら、「イスラム教が悪い!」というイメージをどうしても植え付けられてしまうからね。それも無意識に。


イスラムという名前のイメージが悪くなることで、それに関連のあるものまで自然と印象が悪くなるのよ。この現象は一般的な言葉にも当てはまるわ。この現象に心当たりがある人も多いんじゃないかしら?

「ペンは剣よりも強い」。


これは暴力に立ち向かう報道側をある意味称え応援する言葉。「権力に立ち向かう正義」のニュアンスもあるんだけど、ペンを使う側の人間が自制や内省を忘れたら、剣よりも危ない存在になるからね。

イスラミックステートに変更したことは前進

NHK がイスラミックステートと呼び名を変えたのはある意味大きな前進だと思う。他の日本のメディアは「イスラム国」という名称を使っての報道はすぐにやめるべきだと思うわよ。


イスラミックステートの意味はイスラム国だから、今回のNHKのイスラム過激派組織の呼称変更は劇的な変更とは言えない。


でもまあカギ括弧付きで「イスラム国」と表記して「我々はイスラム教の人たちに配慮している」なんて言いのける日本の他のメディアよりかはマシだわね。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ