マイクロRNA 血液検査でがんの死亡率が減少

マイクロRNAがんを原因とする死亡が世界各国の中でも日本はダントツで一位なの。これってあまり知られていないんだけど、日本人の二人に一人ががんになり、三人に一人ががんで死亡するって言われているわ。



まぁちょっと脅かしちゃったけど、日本の死因でがんが高くなるのは日本が超高齢化社会だからなのね。年をとるとがんが出来やすくなるのは医学的な常識だから。



ただ、それとは別の「若い人のがん」について。日本では若い人ががんで亡くなる割合も、他の先進国に比較すると多いと言われているわ。



理由は『検査の受診率が著しく低い』から。がんは早期発見なら再発率も低いし、治る確率も飛躍的に高くなるんだけど、日本人の多くはがん検査に行かない。



女性の子宮頸がんや乳がんの検診は、欧米では7割~8割を超えているのにも関わらず、日本での検診率は25%を下回っているの。

がん検診の受診率

がん検診啓発が進んでいる乳がん検診にしてからこんな割合なんだから、その他のがんの検診についてはさらに低くなるのは想像に難くないわよね。



60歳以下の男性の何人が『がん検診』をやったかしら?人間ドックを経験した人も少ないんじゃないかしら。



がん検診をしない人は、理由として「時間がない」とか「お金がない」とか「がんが見つかったら怖いから」とかが理由になるんじゃないかしら。あとは「面倒くさい」とか。



『人間ドックの費用を出してもらえて、三日間休みを貰える』と想像してみて。ほとんどの人が「でも・・・」って躊躇したんじゃないかしら?



人間ドックっていろいろ検査をしてもらえるけど、拘束時間が長いからどうしても「えいや!」という気持ちで受けることができないのよ。予約も必要だしね。


マイクロRNAによる血液採取がん検診

マイクロRNA2ふぅ、やっと本題に入れるわ。ε-(゚д゚`;)フゥ…



そんな「長くて面倒くさくてお金がかかるがん検診」が、血液の採取だけで検査できるとしたらどうかしら?



その検査というのは『マイクロRNA』検査。これまでも血液からがんがわかるということはあったんだけど、早期発見できるほどの精度ではなかったのよ。



でもマイクロRNAは90%以上の精度で複数のガンを一度に検査することができる血液検査なの。一度の採血で13種類のがんの検査ができるのよ。



これってすごくない?



マイクロRNAで検査できるがんは以下の13種類。

胃がん
食道がん
肺がん
肝臓がん
胆道がん
膵臓がん
大腸がん
卵巣がん
前立腺がん
膀胱がん
乳がん
肉腫
神経膠腫




今まで一日~二日もかかっていた検査が、たった一回の血液採取で検査ができるんだから。それも早期発見ができるっていうんだから、ものすごく画期的な検査方法だと思うわ。


マイクロRNAの検査費用

マイクロRNAはとても素晴らしい検査方法なんだけど、やっぱり費用はかかるのよ。マイクロRNAでかかる費用はなんと・・・「二万円!」



もう本当にビックリよ!



人間ドックよりもはるかに安いから、がん検査も飛躍的に進むと思うわ。人間ドックで検査する主要項目って、そのほとんどが『がん検査』だからね。



マイクロRNAで主要ながんの検査ができるんだから、これほど素晴らしいことはないと思うわ。



2014年~2015年には乳がんの検査がマイクロRNAで受けれるようになって、2018年の末までには13種類のがんの検査がマイクロRNAで受けれるようになるらしいの。



2018年と言わず、もっと早く受けれるように開発の方も頑張ってほしいわ~♪



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ