奨学金が返済できない!そして自己破産へ・・ 責任は誰にある?

奨学金
奨学金破産とは、経済的な理由で奨学金が払えず、破産宣告をするこというのね。


「奨学金は自分で借りたものなのだからキチンと返せ!」という声が多いけど、これが個人の遊興費などで借りた借金ならそういう言い分もわかる。


でも奨学金の場合、通常の借金とはちょっと違った一面があるのよね。

通常の借金とは性質が違う『奨学金制度』


まず奨学金は、高校や大学で勉強するために必要となるお金がないという人が借り入れをする制度。


高校生や大学生というと、入学するときの年齢は多くの場合まだ20歳を超えてないでしょ?


つまり、社会的な経済力がなく、経済地盤が確立していない年齢の子が借り入れをする制度なのよ。


で、連帯保証人には親や親族がなることが多いんだけど、そもそも奨学金を借りるということが経済的に裕福でない家庭の場合が多いの。


経済的貧困の理由は子供にはないし、当たり前だけど子供に責任はない。子供に責任はないのに経済的な理由で行きたい高校や大学で勉強できないのは不公平よね?


そういった子供を助けるために存在するのが日本学生支援機構であり、奨学金なのよ。でも日本の奨学金制度は、『奨学金破産』という新たな問題を生み出したわ。

奨学金の返済金額はえげつない!


奨学金を借りると、返済は卒業後最長で20年間続くのよ。


最長で20年よ?そんなにも長い間続く返済を、経済地盤が確立していない年齢の子が、まだ若いうちに確約させられる制度が奨学金制度。


通常の借金は、返済能力があると判断された人物に対して行われるものであって、返済できる地盤が確立していない人や、返済できるかどうかが疑わしい人物には貸し出ししないわ。


でも奨学金制度ではそういう人にも貸出をするの。『借金』という性質を考えると、奨学金制度は極めて不安定な性質の借り入れ制度なのよね。


次に借金返済にかかる毎月の返済金額だけど、借り入れた金額が少なければ月々八千円以下の返済で済む。


だけど、借り入れた金額が多いと、月々の返済金額は三万円を超えるのよ。


奨学金返済額


お金のかかる薬学部や医学部などに進学した場合、一般的な大学や学部より五倍以上の費用がかかることも珍しくないからね。


就職難で職に就けない学生もたくさんいるのに、奨学金の返済で毎月三万円も払うなんて到底出来るものではないわ。

大学入学前に立てた将来設計を確実にこなせる人、手を上げて♪


大学入学前に将来設計を立てて奨学金を借り入れたとしても、いざ卒業するときに社会的な情勢のために就職できない学生は多い。


それに在学中に病気になって就職ができなくなるケースも決して珍しくないわ。


個人の能力に関係なしに就職できない子が返済できないからって、「自己責任」で切り捨てるのはあまりにも無情。


奨学金には一応、減額返還制度というものがある。毎月の支払い金額を半額にするという制度ね。(もちろんその制度を利用したらその分、返済期間は延びる。)


でもこの制度を利用したとしても毎月三万円を超えて奨学金を支払っている子にとっては、(半額になったとしても)就職できなかったらかなり大きな負担金額になるわ。

奨学金破産の連鎖


奨学金破産にはもうひとつ大きな問題があるの。奨学金で破産をした場合、保証人や連帯保証人に債務が移るのね。


保証人や連帯保証人になる人は親であることが多いんだけど、そもそも奨学金を借りるということは家庭が裕福でないということの方が多い。


債務者が奨学金破産をすると、裕福ではない親が奨学金を支払わなければならなくなる。


この場合、保証人や連帯保証人が連鎖的に破産する可能性が高くなるのよ。この保証人や連帯保証人が高齢で少ない収入で生活をしていたら、この人達まで破産することになる。


奨学金破産はね、こういった保証人や連帯保証人である親族を巻き込んだ「破産の連鎖」も問題になってるのよ。

なぜ奨学金破産が増えたのか?

世の中には借りた奨学金を返済できる経済基盤があるのに奨学金を返さないという人もいる。


そういった人に対して、返済を強く迫るのは良いことだわ。


でも、本当に経済的な理由で奨学金を支払えない人に対して強く返済を迫るのは問題。奨学金破産が問題になったのは、日本学生支援機構が滞納者の事情を汲み取らずにをすべての返済滞納者に対して返済を迫ったから。


滞納者が本当に多くなったから、奨学金制度を継続するために強行な手段をとるようになったのよ。


スポンサードリンク

奨学金の給付制導入

奨学金2
日本の奨学金制度は基本的には貸与制。でもね、OECD(経済協力開発機構)加盟34カ国のうち、貸与制を実施してるのは日本とアイスランドだけなのよね。


他の国は貸与制に加えて、給付制(借りても返さなくて良い制度)を導入しているの。日本は先進国なのに、学生に対する支援体制は決して先進国とは言えない。


給付制を導入していれば、奨学金破産をする人も少なくなると思うんだけどね。

返済シミュレーションがそもそもおかしい

以下の図は奨学金の返済シミュレーションよ。
奨学金返済額


だいたい、大学を卒業してから就職をしたとしても、毎月3万円の返済は非常に高額だと思わない?そしてこれが20年続くのよ。どうやって『余裕のある』生活ができるのよ。


そもそも、普通に考えて毎月の返済を三万円に設定している日本学生支援機構の方がおかしい。だって卒業後にすぐ就職できたとしても、今の新社会人の給料で毎月三万円の返済は生活を圧迫する金額でしょ?


毎月の返済額は給料の割合で設定する方法を採用するならまだしも、三万円固定では生活がかなり苦しくなるわ。


それに「奨学金の返済があるから結婚をしない」っていう子も意外と多いし。


給付制を導入していれば、あるラインを超えた金額に対しては、借入金を免除したりすることもできるし、そもそも高額な奨学金貸し出しの場合は、返済しないで済む奨学金給付にするということもできる。


もちろん給付制を導入する場合は、給付制を導入している国が行っているように、もっと厳しい審査は必要になる。


でも給付制なら本当にお金がない人でも心配をせずに学業に専念することができるし、卒業後の生活もかなりゆとりが持てる。


ゆとりが持てたら生活の質も向上するものだし、それこそ明るい将来設計が描けるようになるわ。

まとめ

日本学生支援機構は、今の体制を変える必要がある。


でないと日本には奨学金破産をする学生がさらに増えることになるわ。バブルの時代じゃないんだから、もっと社会情勢を勘案した制度を導入すべきよ。


奨学金が払えないから破産をする。そういった若い人たちが増えることは、日本の経済にとって一つのプラスにもならないんだから。


政府は一丸となって一刻も早い奨学金の改革に着手する必要があると思うわよ。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ