指原莉乃の『逆転力』の感想のまとめ

指原莉乃ちゃんが出版した本、『逆転力』が反響を呼んでいるみたい。



ネットでの感想を見ると「本当にすごい!」という感想と「そうでもない」という感想にわかれているんだけど、その点についてはまたあとでまとめるわ。



その前に『逆転力』に書かれている主要な点と、それに絡めて彼女のこれまでの行動についてちょっと触れてみるわね。



逆転力の概要

まず『逆転力』には指原莉乃ちゃんがこれまでどのように考え、どのように物事をとらえ、どのように行動してきたかが書かれてるの。



指原莉乃ちゃんといえば、総選挙で4位になった直後に彼氏がいたことがわかり、これがスキャンダルとなってAKB48からHKT48へ移籍させられるという出来事があったわよね?



でも指原莉乃ちゃんはその出来事がある前から、AKBのアイドルとして、そして芸能界で成功し生き残るために一貫して自分自身にマネジメントしていたことがあった。



それが彼女をAKB解雇から救ってくれたの。その一貫したマネジメントというのが今回本の題名ともなっていた『逆転力』なのよ。



スキャンダル以前から指原莉乃はすごかった

指原莉乃 逆境力 感想指原莉乃ちゃんはAKBの中では普通の顔だしダンスが上手いわけでもない。でも彼女には他のメンバーよりも突出して秀でた面があると感じるわ。



それが自分自身のマネジメント。スキャンダルが発覚する以前から、指原莉乃ちゃんは「さしこのくせに」というテレビ番組で冠を務めることができたのも、マネジメント力があったから。



この時彼女、ヘタレキャラって扱われてたのよ?今の若干そういう扱いはあるけど、今では芸能界で彼女をヘタレって見ている人はいないと思う



天然のヘタレキャラじゃなくて、キャラを確立させることができた、つまり自分のポジションを自分で開拓した確固たるキャラクターであり、その一つとしてヘタレキャラを『演じている』だけ。



あの年齢でそれができるんだからすごいわよね。で、そのマネジメントの基本となるのが『逆転力』。これは成功者のほとんとが持っている視点で、逆にこれがないと成功者として維持することができない。



指原莉乃ちゃんはAKBの中でも、そしてアイドル界の枠を超えて芸能界の世界でもこれを実践してきたの。



『逆転力』とは一体どういうもの?

指原莉乃ちゃんが言う逆転力とは、『ピンチを力に変える』というものなんだけど、それだけでは今の指原莉乃ちゃんのようにはなれない。



今の指原莉乃ちゃんを作ったものはピンチを力に変えるという思考に加えて、「周囲がどのような自分を求めているのか」という顧客志向を知る能力と、オンリーワンの自分を確立するセンスよ。



ピンチを力に変えるという発想は自己啓発本に結構書かれていること。



これと同じくらい重要なのは、顧客志向を知り時代や流れを読むことなのよ。これがあるのとないのとでは大違い。ピンチを力に変えた時の瞬発力や威力はぜんぜん変わってくるの。



指原莉乃ちゃんがスキャンダル直後でも干されること無く、むしろ今まで以上にテレビで見るようになったのは顧客志向があったからだと思う。



でも顧客志向だけを優先すると自分を見失うことがあるのも事実。『自分』という確固たる芯を持っていないと、外から入る他人の思考や自他の願望に自分を見失うこともあるから。



成功者の中でも転落する人がいるけど、その原因の大部分は自分を見失ったことが関係している思うわ。



指原莉乃ちゃんは芯についても持ち合わせているような印象を受ける。ここまで持っている人って成功者の中でも限られているんじゃないかしらね。



彼女は自分が今『何』を求められているのかを考え、いくつかシミュレーションできたその選択肢の中から自分のポジションを確立できる選択を選びとった結果、逆境という負のベクトルを正のベクトルに変えることができた。しかもパワーアップさせて。



このすべてを併せ持った彼女は、今後さらに芸能界で成功していくのは間違いないわ。





スポンサードリンク




指原莉乃ちゃんの今後は?

いまはAKB48(HKT48)というアイドル枠に籍を置いている状態。アイドル枠を上手に活用してこれていたと思う。



でも今後はアイドル枠が足かせになる可能性も出てくるわね。今はいいと思うの。まだまだ彼女も実績を作る必要がある時期だと思うから。



いつかのタイミングで指原莉乃ちゃんはアイドルを卒業する必要があるけど、顧客志向と自分の芯を持つ彼女ならそのタイミングも間違えないと思う。



万が一間違えても、逆境力があるから見事に成功できると思う。こう文字にして書き起こすと、彼女には隙がないように見えるわね~。



努力はしているだろうけど、もともと持った才能も大きいと思うわ。



指原莉乃ちゃんの逆境力の感想まとめ

逆境力の本の出版を受けて、多くの方がその内容について感想をネットに残しているわ。



  • 指原莉乃ちゃんがそこまで考えているとは思わなかった
  • 物事を考えすぎる人は読んだほうが良い
  • 読みやすくて一気に読める
  • 好感が持てた
  • 文章力や伝え方が稚拙
  • 普通の人には難しい


感想を見てると高い評価をされている方が多かったわね。たしかにとても読みやすいし、難しい言葉でごまかしていないからとても読みやすいと感じたわ。



それに勇気を貰える本だと思う。「自分にもできそう!」ってね。



でもほとんど方が『逆境力』を使いこなすのは無理だと思う。持って生まれた才能って部分も確かにあるんだけど、それよりも圧倒的に関係するのが経験不足や実戦不足、そして思い込みに縛られている方が多いから。



指原莉乃ちゃんの場合、AKB48の中で生き残るっていう環境にずっといた。だから彼女のマネジメント能力が伸びたし、持っていた才能が開花した。

あと、アイドルって感じじゃないのも指原莉乃ちゃんの能力が開花した原因だと思う。渡辺麻友ちゃんは顔は清純派アイドルだけど、芸能界で成功できるかどうかと言われれば微妙だし。

渡辺麻友ちゃんの参考記事はこちらね

⇒渡辺麻友の性格の真実はこうよ!



ハッキリ言って、指原莉乃ちゃんが普通の人だったら中途半端な能力の開花が原因で、「計算高いイヤな女」になっていた可能性が高いと思う。彼女はAKB48というサバイバルな環境があったおかげでいい形に開花できたんだと思うわ。



それと「普通の人には難しい」という感想をしている時点で逆転力は使いこなせない。自分で「普通の人」「難しい」って言っている時点で限界を設定しちゃってるからね。



あ、別に責めているわけではないからね。逆転力が何度も必要になるような人生はそれはそれで疲れるものだろうし。



『逆転力』は読み物としては面白いと思うし、特に同世代の人には下手な自己啓発本よりもすんなり入ってくると思うわよ。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ