日本の英語村

英語村英語村ってのは、英語オンリーでコミニュケーションをとらなければならない総合施設で、外国の社会を模して作られているの。



大阪や東京で英語村が作らるみたいだけど、そもそも英語村は韓国で作られたものなのよ。英語教育に力を入れている韓国では、小中高校生の体験学習の場として英語村を作った。



それを見て、日本でも英語村を作ろうってなったのよ。大阪で作られる予定の英語村は、韓国の企業が協力して作られることが決まっているわ。



東京で作られる英語村は韓国の企業が協力するのかどうかは今のところ不明。



日本の英語村のコンセプトも、『日本に居ながら外国の文化に触れたり英語体験することができる』、『英語を話せる日本人を増やす』っていうもので、小中高校生の学習体験の場として作られるみたい。



そのうち社会一般にも開放される予定にはなっているみたいだけど。

日本の英語村は失敗する?

英語村2で、アタシが思うに、日本の英語村ってのは小中高校の社会学習に使われると思うから、ある意味では成功すると思う。学校が活きた英語教育の場として使うから。



でもね、『英語が話せる日本人を増やす』という意味では失敗すると思う。理由は、活きた英語にちょっと触れたぐらいで英語が話せるようになるわけがないから。



だいたいね、留学している学生でも英語をマスターできずに帰国する人って多いのよ?ちょっと英語に触れて話せるようになるんなら、そもそも英語村なんて無くても話せるようになってるわよ。



英会話の基礎や核心部分を習得できていない小中高校生が英語村に行ったところで、脳は英語をスルーするから脳に定着しないわ。



英語村3人間の脳って優秀でね、生きていくために必要な情報として認識されないものは、『不要なもの』として『忘却する』ようにできているのよ。



あらかじめ英会話がある程度出来ている状態で、英語村でネイティブの生の英語を学ぶというのはとても効果があるけど、中学英語すらこなせない状態で英語村に行っても無駄。



日本政府は英語の授業を小学生から初めたり、地元の自治体がこうやって英語村を日本で作ろうと頑張っているけど、そもそも受験のための英語授業を見直さない限り日本人の英会話能力は絶対に伸びないわ。絶対にね!



そういう意味で言うなら日本の英語村は失敗すると思う。まぁお金は回るから経済的には成功になるんだろうけど、英会話能力を伸ばすという意味では失敗するわね。


英語はどうやったら習得できるのか?

英語村4英語を習得する方法はひとそれぞれ。私の場合は、労力を掛けたくなかったから非常に簡単な方法で英会話能力を伸ばしてきたわ。



最初にやったのは英語脳の覚醒。その後に日本語にはない英語の発音の徹底習得。その次がシャドーイング。その後に英語の語順に慣れるために意味順で学習。そのあと瞬間英作文の反復。



この間に使っていた英語は中学一年生~二年生で学ぶ英語が中心。簡単な英語のみで脳にストレスを与えないようにしていたわね。というよりも、簡単な英語で脳に『英会話の基本』を擦り込むようにしていたの。



簡単な英語だけだからストレスはそれほどないし、日本を通さずに英語が抵抗なく使えるようになったわ。



脳に過度なストレスを与えないってのが一番需要な気がするわね。



英語村5その他にもNHKラジオの『基礎英語1』を何度も聞いてリピートやシャドーイングしていたわ。テキストはナシ。ラジオだけで何とかわかるし、わからなければその部分はパス。



100%を目指して頑張るってのを止めれば、英会話学習はものすごく楽になるわよ。



それらがある程度できるようになってから、今度は身の回りのものを使って英語を自作するようにしていたの。この段階から飛躍的に英会話能力が上がったわね。



ここまでくれば、英語が話せるようになること自体が楽しくなるから、あとは自分からドンドン英語学習にのめり込んでいくようになるわ。



とにかく最初は『ラクに継続する』っていうのを忘れずに継続していくのが良いと思う。今後、英会話学習方法について需要があるなら記事にしてみようかしらね~。



英語村、日本では今後もっと増えてくるかもしれないから、本当の意味で英語村を活用できるように、今のうちから『少しずつラクして学ぶ』を継続して、英語を身につけていきましょう♪


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ