渡辺麻友の性格 真実はこうよ!

AKB48で渡辺麻友ちゃん(まゆゆ)は、2009年の総選挙以降だいたい4位~5位をウロウロしつつ徐々に順位を上げて、2014年の総選挙で見事一位になったわね。



で、いろいろ影で言われている渡辺麻友ちゃんの性格。総合してみると『性格が悪い。嫌われている』ってことになっているみたい。



島崎遥香ちゃんとの誕生日会の画像を比較すると渡辺麻友ちゃんの方が少ないとか、ヘアメイクをしてもらった後に無言で自分の前髪を直しただとか、その他もろもろのエピソードを切り取って「性格が悪い」って思われているみたい。



性格についての真実はこうよ!

渡辺麻友ちゃんってね、小学生の頃は半ひきこもりだったのよ。「学校から帰ってきたらすぐにインターネットを見ていた。学校では「幽霊生徒」だった。食事中でも家族と話をすることはなかった。」って本人も話しているの。



根が暗い性格だったけど、AKB48を知って芸能界に入ったってわけ。



AKB48ってもともと「会えるアイドル」っていうキャッチコピーで、秋葉原を拠点に始まった小さいアイドルグループじゃない?



渡辺麻友ちゃんは二期生だから、その頃のAKB48はまだまだメディアの露出は少なかった。だから暗い性格だった渡辺麻友ちゃんでも応募しようって気になれたんじゃないかしら。



渡辺麻友 性格まぁその辺のくだりは本人じゃないからわからないけど、ポイントは「もともと暗かった。半ひきこもりだった」っていう点。



社交性が高くて明るくて人といるのが大好きな性格だったら、滅多なことがない限りひきこもりになったりしないわよね?



つまり渡辺麻友ちゃんは、人との接し方が得意じゃない子だって考えられるのよ。




だから自分の本心を相手に伝えるのが苦手。だから社交性が高い人に比べると周りに人が少ない。



島崎遥香ちゃんの誕生日会と渡辺麻友ちゃんの誕生日会の比較をして、渡辺麻友ちゃんの方が人が少ないから嫌われているっていうのは早計。単に島崎遥香ちゃんの方が人付き合いが上手い、あるいは苦手意識がないだけの話。



ヘアメイク云々の話にしてもそうよ。出来栄えについて自分の口で伝えるのが苦手だから、無意識に前髪を触っちゃっただけ。



コミュニケーション能力がある人なら何か話しながら髪を触るんだけど、元来根の暗い性格だった渡辺麻友ちゃんにはそれができなかった。性格が悪いんじゃないわ。



渡辺麻友ちゃんの性格は直すべき?

渡辺麻友 性格2じゃあそのままの性格でいいかといえば、それは違う。どんな業界でもそうなんだけど、コミュニケーション能力が高いほうが上手く渡っていけるもの。



特に人とのつながりが重要な芸能界だと、味方を作るためにもコミュニケーション能力は持っておいたほうがいい。



今はAKB48という人気アイドルの枠組みの中にいれるからいいけど、もし卒業したら大きな肩書がなくなる。そうなったら「根が暗いコミュニケーション能力の低いアイドル・タレント」じゃ生き残れないわ。



他になにか輝くものを持っていたら別だけど、悪いけど今の渡辺麻友ちゃんにはない。単に可愛い清純派アイドルなだけ。



渡辺麻友ちゃんは良くも悪くも根っからの清純派アイドル。でもそれ以上でもそれ以下でもない。その他大勢と同じ。今の芸能界、それだけじゃ生き残れないわ。



AKB48にいる間に社交性をもっと身につけてコミュニケーション能力を高める。それ以外にも輝く何かを自分の中で確立させる必要があるんじゃないかしら。



前に指原莉乃ちゃんについて書いたことがあるけど(⇒こちらを参照)、二人を比較するとわかりやすいと思う。ヘタレキャラと清純派アイドル。確かに立ち位置は違うけど、指原莉乃ちゃんは自分でその位置を築き上げた。



渡辺麻友ちゃんももちろん頑張ったとは思うけど、持ち上げられてその地位にいる。コアなファンはいるけれど、芸能界という大きな枠組で見れば渡辺麻友ちゃんを支持する人は、その絶対数が少ない。



総選挙で一位になる前はそこまで目立たくても良かったけど、一位になった今は隠れることはできない。ここでどう変わるか。どう変われるか。



今が正念場だと思うわね。



芸能界で生き残るためのマネジメント能力を持っている指原莉乃ちゃんの記事

⇒指原莉乃の『逆転力』の感想のまとめ




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ