24時間テレビは偽善?

24時間テレビは昔から「チャリティー番組とは言えない」と言われているわ。24時間テレビは偽善番組とも揶揄されているし。



確かにギャラが発生している点だけを見れば正確にはチャリティー番組とは言えない。でも『偽善番組』として一方的に切り捨てるのは、物事の一端しか見えていないって感じるわね。

24時間テレビが偽善と言われる理由

まず、「障がい者の方々をテレビに出演させてお金を稼いでる」っていう人がいるんだけど、こういう人に対して一言いわせてもらうわね。



24時間テレビはお金が発生しているし出演者にギャラを払っているからそういう見方もできるけど、出演された障がい者の方は『自信』を持つことができたという人もいると思うの



それに、24時間テレビに出演したことで募金が集まったという喜ばれる障がい者の方も実際にいる



24時間テレビは収益が発生するけど、だからこそ大きくてスケールのある内容のプログラムやチャレンジもできる。だからさらに番組を見る人も増えて注目され、さらに募金も集まる。



24時間テレビ 偽善外国のチャリティ番組と比較して24時間テレビを『偽善だ!』という人も多くいるわねぇ



24時間テレビの発案のきっかけとなったのは、MDA Show of Strengthというアメリカのチャリティ番組で、この番組にはかなり有名なタレントやスターがノーギャラで出演しているわ。



これって本当にすごいことだけど、実は日本とアメリカの芸能界にはチャリティに関して決定的な違いがあることをご存知?



アメリカのスターはチャリティーに寄付するという行為が一種のステータスになっているの。つまり、人気になったらチャリティーに寄付する。その行動を宣伝することがすでにステータスの一つになっているのよ。



このことについては調べれはすぐにわかるわ。



これに対して、日本の芸能人はチャリティーがステータスにはならない。仮に「どこどこに寄付しました!」なんて発言したら、「いちいち言う必要ないじゃない。よっぽど目立ちたいんだね。」って言われるのがオチ。



そういう事情があるから、日本でノーギャラでのチャリティー番組をやっても、何人かは集まるだろうけど大勢の人が集まるわけがないの。だってステータスにならないんだから。



アメリカは国民全体でチャリティの精神が盛んだから、スターもチャリティーを身近なものとしてステータスに活用できるんだけど、日本はそうではないのよ。



だからアメリカのチャリティ番組の真似をしたところでまず成功はしない。だから(これは想像だけど)24時間テレビはスポンサーも巻き込んで収益を上げる番組にしたんだと思う。



まぁこういう事情があったとしても、『偽善』って言われたらそれまでだけどね。



チャリティー番組で稼ぐテレビ局が許せない!

24時間テレビ 偽善224時間テレビが偽善だっていう人の本音はここにあると思う。



言い方は悪いけど、障がい者のある方を利用してお金を稼ぐ、あるいはお涙頂戴のノンフィクションを利用してお金を稼ぐ。チャリティ番組の冠していながら収益を上げているんだから。



ただねぇ、すでに書いたけど、チャリティ精神が浸透していない日本では無償のチャリティ番組なんて土台無理なのよ。



このことについて否定したい人もいるだろうけど、アメリカと日本のチャリティの意識の差はもの凄いから。そりゃもう凄いから。



この差を理解していると、24時間テレビが『偽善』の一言で片付けられないことがわかると思う。



アタシだって無償のチャリティ番組が一番いいとは思うわよ。でもそれが叶わないから、次善の策である今のやり方になったんだと思うわ。



どういう形であれ、24時間テレビで募金活動が盛んに行われて、それが必要とされる人の手に渡るという事実は変わらない。



集まった募金が日本テレビの収益になるなら大問題だけど、集まった募金は支援団体や施設へ渡されて活用されるのよ。街中で24時間テレビのステッカーが貼られている車とか見たことないかしら?



別に何から何まで外国方式じゃなくてもいいと思う。アメリカのやり方をそのまま踏襲できないなら、新しいやり方で募金の輪を広めていいんじゃない?



こういったことを知って、まだ『24時間テレビが偽善だ!』と言う人がいたとしてもそれはそれでいいわ。でも、日本とアメリカに存在する根本的な違いや、実際に集まった募金が有効活用されていることは知っておいてね。



アタシは喜ぶ人がいるのなら今のやり方で構わないと思ってる。そしてその機会を提供している24時間テレビも偽善とは思わない。



この記事も読んでみて。
⇒24時間テレビのギャラが高すぎ!


そうそう、出演者に支払われるギャラの出処が募金からだって言う人がいるけど、それはないからね。スポンサーからのお金がべらぼうに入ってくるから、それで十分に賄えるから。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ