HIVでも子供がほしい!

HIVと赤ちゃん2HIVに感染してしまったら子供を作ることはできない・・・なんてことはないわ。母親がHIV陽性者であっても父親がHIV陽性者であっても、キチンと準備をしていればHIVに感染していない子供を持つことはできるの。


父親がHIV感染者だった場合・・・
精子からHIVウイルスを取り除いて、体外受精をしてから母親の子宮に受精卵を戻す方法が採用されるわ。そもそも、HIVウイルスが母親の体内に入らない限り、子供がHIVに感染することはないからね。



精子からHIVウイルスを取り除く方法は厚生労働省の一部の機関でしか行っていないため、全国どこでも受けれるってわけじゃないけど、父親がHIV感染者だからといって子供が持てないわけじゃないわ。


母親がHIV感染者だった場合・・・
母親の体内のHIVウイルス量を減らすことで胎盤を通しての血液感染の可能性を著しく下げることができるわ。



また、出産時に産道を通るときに感染する産道感染を防ぐため帝王切開をすることでHIV感染の可能性を著しく下げることができるの。



出産後は、母乳によるHIV感染の可能性を避けるため、母乳ではなく市販のミルクを使うことで感染を防ぐことができる



何の対処もせずに出産をすると母子感染する確率は30%程度になるけど、上記のようにしっかりと対策をすれば母子感染の確率は0.5%以下まで下げることができるのよ。

HIV陽性でも子供を持つことは可能

HIVと赤ちゃん母子感染について詳細を調べてみたらよくわかるけど、何の対策もせずに出産した人は、子供の検査HIV検査の結果から感染を知ることも珍しくないの。



このことからも分かる通り、妊娠が発覚した時期にどのような対策をしていたかによって母子感染する確率は違ってくるわ。



女性は妊娠したと同時にHIVに感染した場合、血液検査でHIVが判明する期間(ウインドウピリオド期)を超えないとHIV感染がわからないわけだから、その点もキチンと考慮して検査を受けないと母子感染する可能性を減らすことができない。



だからパートナーとHIV検査をすることはとても重要なことなのよ。



大事な人を守るためにも、そして将来の子供のためにも、必ずHIV検査は受けるようにしましょうね。





スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ