HIVの初期症状で感染の有無を調べるのは完全に無意味!!

HIVの初期感染HIVの初期症状についてネットにはイヤってほど情報が出回ってるけど、「一体いつの情報を書いているの?」っていうのが多すぎるわ。



それと同時に、HIV感染かどうかを調べることに関して「まったく無駄な努力をしている人が多いのね」とも思う。



ちなみにアタシはHIVには感染していない。だけど、同性愛者っていう立場にいるせいか、セクシャルマジョリティの方に比べるとエイズやHIVの知識は確実にあるわ。



HIVの最新情報はそれなりに知っているし、より身近にHIVを感じてもいるし、最新の情報が自然に入ってくるせいか『間違った情報』で振り回されることもない



そういった環境にいるから、たまにストレートの友達と会話するとHIVの知識があまりにも乏しいことにビックリするのよ。だからHIVについて書いてみようと思うの。



まずは初期症状についてね。

HIVの初期症状は本当にあるのか

HIVに感染した時、初期症状がある人は多いの。ただしその症状だけでHIVの感染によるものだと『断定』出来る人は絶対にいない。『絶対に』ね。



HIVはウイルスによる感染症なんだけど、このウイルスが体内で増殖に成功したら、その増殖に体が反応して初期症状が出るの。


発熱、発疹、下痢、頭痛、体の痛み、疲労感、皮膚疾患etc・・・




これらの初期症状って、皮膚疾患を除いてほとんどが風邪の時の症状と一緒でしょ?



あるいは「ちょっと疲れている時」の症状でもあるし、下痢とかはお腹が冷えたら普通に起こりうる症状だし。



確かにこれらの症状が重く出る人もいるけど、HIVに感染しても初期症状がない人も何割かいる。それに上記すべての症状が出るわけでもない。



このことを考えると、HIVの感染を初期症状の有無だけで『断定』するのはまず不可能なの。


HIV感染を疑うのはいいことだけど・・・

HIVの初期感染2上記のことから、風邪のような症状が出たからといって「HIVに感染した!」と不安になる必要はないわ。だって症状からはHIV感染はまずわからないんだから。



『不安になる必要のないこと』でいちいち不安になっていたら身がもたない。HIVの感染の有無はわかるのは検査だけ。



いい?HIVの初期症状についてあれこれ調べている人がいるけど、『初期症状でHIVの感染を断定することは絶対にできない』から、初期症状について調べるだけ無駄。



むしろ不安が募るだけだから、風邪のような症状が出たのなら普通に病院に行って先生に相談しなさい。それでもHIVが心配なら検査をしてもらいなさい。



どれだけ悩んでも、不安の解決方法は検査だけだから。



ちなみに、例えHIVに感染して初期症状が現れたとしても、この症状は数日~10日ほどでなくなる。何十日も症状が続くってことはほとんどない。風邪と一緒ね。



HIV感染の疑われる性交渉があったのなら、初期症状がどーだこーだ言う前に、さらっと検査を受けなさい。そっちのほうが心身によほど健康だから。


HIVの初期症状についてのまとめ

HIVの初期感染1HIVには確かに初期症状はある。だけど症状だけでHIV感染を断定することはできない。なぜなら風邪やちょっとした体調不良でも同じ症状が出るから。



なので、『発熱や体がダルイ』などの症状でいちいち「HIVの初期症状!?」「HIVに感染した!」っていう心配をする必要はない。不安になるだけ無駄。



もう一度言うわね。不安になるだけ超無駄!あら、『超』を付けちゃった。



症状が出たとしても、その原因はHIV感染より、風邪を引いたり体調不良になることのほうが圧倒的に多いんだから。



HIV感染がわかるのは以下の二つ


  • 検査をする
  • エイズ発症(日和見感染症発症など)




つまり、自分から進んでHIVの検査を行なって感染がわかるか、もしくは放っておいてエイズを発症するかのどちらかでしか分かり得ない。



だから、エイズ発症やその手前段階まで行っていない限り、体の症状からHIVの初期症状を推し量るってのは完全に無意味で無駄なことなのよ。



HIV感染に感染しているか感染してないかは検査でしかわからないから、不安なら検査を受けなさい。コンドームなしの性交渉とか、心当たりがあるなら尚更。



HIVの初期症状についてはこんなところかしらね~。



基本的にHIVの情報については、エイズやHIVのに詳しい団体(保健所や『専門』病院)などの情報を見るといいわよ。



普通の病院の先生はHIVについて知識が古いことが多いから、必ず専門の保健所や専門の病院の情報を参考にね!





スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ