HIV後進国の日本

HIV後進国普段の生活でHIV陽性者がそばに居るくらいで感染するなんてことはないの。これは世界の先進国が一般的に知識として持っている『常識』。



でも日本人はHIVに関する知識が圧倒的に不足しているわ。いまだに「HIVの人と性交渉すると100%感染する!」なんてことを平気で吹聴するおバカさんがいるんだから。



もう呆れるのを通り越して憐れみすら感じるわね。



2014年にアフリカ西部で大流行したエボラ出血熱だけど、エボラ出血熱がリベリアで大流行した原因の一つに『知識不足』ってのが上げられるのよ。



地域に住む占い師のいうことを信じて、医療関係者のいうことを信じなかった。だから封じ込めに失敗した。「医療関係者がエボラを持ち込んだ!」なんてデマが流れて、医療関係者を追い出そうと抵抗した事実もある。



このニュースを見て多くの日本人たちは「正しい知識があれば拡大が防げたのに!」って思った人も多いんじゃない?



インターネットの様々なサイトで、リベリアに住んでいる人々を憐れんだり、無知を嘲る書き込みもよく見かけたわ



でもね~、ことHIVに関しては、アタシ達日本人も大して変わらないのよ。エボラ出血熱をHIVに置き換えたら、どれだけの日本人が『私は正しい知識を持っている』って言い切れるかしら。

HIV後進国 日本

ハッキリ言うわね。



アタシ達日本人は先進国であるのに、日本人の多くはHIVに対して呆れるほど知識を持っていない。間違った知識をいまだに当然のように信じている人が多いし、無知であるがゆえに無意味に怯えている。



日本ではしっかりした治療も受けれるし保証も万全。サポートする団体もキチンとある。素晴らしい環境が整っている。



なのに、年々HIV検査をする人は減っているし、反対にいきなりエイズを発症する人が増えている。



検査さえしていれば、いきなりエイズを発症するなんてことは『絶対に』ないからね。



⇒いきなりエイズ&HIV検査を受けないことの恐ろしさ


HIV感染者とエイズ発症者の比率が合わない

日本はだいたい一年に500人の方がエイズを発症しているわ。で、新規のHIV感染者として報告される数は1,000人程度。



これってかなり数字的におかしいのよね。エイズって潜伏期間がだいたい5年から10年程度と言われているの。



HIV後進国2検査をしなかったからエイズ発症までHIV感染が見抜けなかったわけでしょ?発症までに5年~10年かかるっていうことは、エイズ発症の人数と同程度の潜在的なHIV感染者は各年最低でも500人はいるわけ



ってことは、いきなりエイズを発症する人が年に500人だとすると、潜伏期間を考慮に入れるとHIV患者は少なく見積もっても2,500人~5,000人いないとおかしいことになる。



HIV後進国3



であるのに、毎年新規HIV患者が1,000人しか報告されないってことは、新規に報告されたHIV感染者数を除くと、自分がHIVに感染していることを知らない人は少なくても1,500人~4,000人いるってことになるのよ。



算出方法に若干の違いはあるとは思うけど、自分がHIVに感染していることを知らない人がこれだけいるっていうことは、かなり問題だと思わない?


今後日本ではさらに増加するHIV感染者

HIV後進国4欧米ではHIVの感染者とエイズを発症する人の割合が減っている傾向にあり、日本はHIVの感染者とエイズの発症者が増加している傾向があるのよ。



理由はHIV検査が浸透しているかどうかに関係しているわ。日本ではHIV検査をする人が年々減っていっているのよね~。これって相当怖いわよ。



自分がHIVに感染していてもそれを知らずに、性交渉で別の人に移す可能性が高いんだから。それに最近ではコンドームを使用しない人も増えているし。



コンドームの使用率、日本では42%よ?HIV検査を行かない。コンドームも使用しない。そりゃHIV感染者やいきなりエイズを発症する方が増えるわよ。



欧米ではHIV検査は結婚時の標準オプションとして確立しつつあるのに、日本ではまだまだ普及していない。



欧米では新しくお付き合いを始めるカップルが一緒にHIV検査を受けることが一般化しつつあるのに、日本ではそんな行動はほとんど見受けられない。



健康診断や血液検査の時にHIV検査を一般化させればいいんだけど、日本の社会がHIV陽性者に対して受け入れる体制がまったく整ってないからそれもできない。



もうホント、日本政府は本腰入れてHIV対策をしないと、日本の「いきなりエイズ」発症者の増加やHIV感染者の増加を食い止めることはできないから。



アタシ達国民も一人ひとりが変わっていかないとね。





スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ