NHK 老後破産の現実を見て

老後破産2NHKで放送されていた老後破産。みんな考えさせられたんでしょうね、NHKの番組放送直後から老後破産についてのツイートがバンバン流れていたわ。



2ちゃんねるでも老後破産についてのスレッドが乱立していたみたい。若い頃は年老いた時ことなんてまったく考えないものだけど、老後の現実を突きつけられると嫌でも考えさせられるわね。

老後破産の責任は誰にある?

2ちゃんねるで老後破産についてのスレッドをちょっと読んでみたんだけど、「貯蓄をしていないほうが悪い」とか「備えが足りていない」っていう書き込みが目立ったわ~。



そういう人たちは、まだまだ認識が足りていないって言えるわね。NHKの番組をちゃんと見ていたらわかるんだけど、老後破産の状態になったお年寄りの多くはそれなりに貯蓄はしていたのよ。



じゃあどうして老後破産になったのか。それは生きていく上で刻一刻と変わる『状況』が大きく関係しているの。



脅かすわけじゃないけど、厚生年金と国民年金を払っていた人で貯蓄が5,000万円あった人が老後破産に陥る場合だって珍しくないのよ。



頼りにしていた家族との死別。一緒に住んでいた配偶者がなくなると国民年金の支給額も減るわ。



突然の病気。国民健康保険があるからと言っても通院していれば治療費や薬代もバカにならない。お年寄りの場合は病気になりやすいから、一割負担でも医療費が若い人より多い傾向にあるのはよくあること。



老後破産はね、なりたくてなったんじゃないのよ。準備をしていても老後破産になる人はいるの。



そもそもが足りていない老後保証

老後破産
国民年金の満額の支給額は2014年で6万くらいだけど、この金額で生活なんてできるわけがない。自営業をしていて赤字続きだって人は多いから貯金ができない人もいる。



それなのに国民年金の支給額は満額で6万円だなんて、生活できるはずがないのよ。つまりは国民年金自体が『保証』としての機能が弱すぎるの。



別に国の制度を責めているんじゃないわよ。国民年金には障がい者保証なども付くし、まったく収入がないよりもマシだから。



それに何とかお金を捻出して国民年金基金を利用する人もいるし。それでも老後の生活費として十分に足りなくなることが多いのよ。




国民年金制度を作った時は「家族みんなで一緒に生活する」っていうのが前提にあったから6万程度で足りたんだろうけど、今は核家族化が進んだから、昔の感覚で作られた制度では十分な生活を送ることはできないのよね。



ちなみに会社に努めていたら厚生年金に加入できるけど、厚生年金の支払金額の半分は企業が負担しているから。厚生年金は会社に助けてもらっているから年金の額が増えるの。



個人の力は関係なく、法律で決まっているから恩恵に預かることができているってことを自覚していない若い人が最近多いって感じるわ。



老後破産についてはもう少し地域全体で取り組まないと、今後はもっと深刻になると思う。



あと、老後破産に陥っている高齢者を『底辺』って呼んでるおバカさんがいるけど、自分の狭い思考に気付かずに『物事を判断できている』って感じているとしたら、そのうちとんでもないしっぺ返しを食らうから。気をつけなさいね。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ